二日酔い撃退ナビ TOP → 二日酔いとはなに? 二日酔いとは?

二日酔いとは?

「二日酔い」というのは、お酒を飲んで翌日になっても酔いが残っている症状を言います。お酒を大量に摂取したことで、翌日になっても頭痛や吐き気などの不快症状が残ることになります。人によって違いますが、頭痛・吐き気・食欲がないなどの症状が出ます。

飲んだアルコール分は約20%が胃で吸収されて、残りが腸でゆっくりと吸収されます。お酒に含まれるアルコールは、胃や腸で吸収された後に肝臓に運ばれ、アセトアルデヒドという有害物質に変わります。

これは最終的に二酸化炭素と水に変わって排出されますが、アルコールの量が多すぎたり、飲むペースが非常に速いと、血中にアセトアルデヒドが残ってしまうのです。血中のアセトアルデヒド濃度が高いと、悪酔いや二日酔いといった不快症状が起こってしまいます。

飲んだアルコールは日本酒の場合ですと、1時間に0.3合ずつ肝臓は処理をすることができるそうです。処理が間に合わなくなるぐらいに飲むと、「酔う」といった状態になるわけです。酔う度合いが大きければ大きいほど、二日酔いになりやすいということになります。

二日酔いというのは、ある程度時間が経つと治りますが、不快感がひどい状態で現れますし、大量にお酒を摂取すると急性アルコール中毒になる可能性もあります。急性アルコール中毒になると下手をすれば命を落とすこともありますので、お酒を飲む時は注意するようにしましょう。

自分自身の身体のことになりますので、二日酔い対策として、飲む量をきちんと調整するようにしましょう。


二日酔いとはなに?


杉並渋谷中野目黒大田区新宿品川港区
http://shopping.geocities.jp/ai-na/

アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!