二日酔い撃退ナビ TOP → 二日酔いとはなに? 日本人はお酒に弱い?

日本人はお酒に弱い?

アルコールというのは、肝臓で代謝されて酢酸になります。酢酸はさらに分解されて、最終的に水と二酸化炭素になります。

もう少し詳しく説明しますと、アルコールはADH(アルコール脱水素酵素)という酵素の作用により、アセトアルデヒドに変化します。このアセトアルデビトは、代謝の過程でできるもので、体内に入ってきたアルコールを処理する酵素になります。

二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する酵素は、個人の体質によって、その代謝能力に差がでてきます。アルコールを処理する酵素の一つがアセトアルデヒド脱水素酵素というのですが、このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きにも個人差があります。

大きく分けますと、アセトアルデヒドが増えないと働かないタイプと、少量のアセトアルデヒドでもせっせと分解するタイプの2つに分けることができます。前者はALDH1、後者はALDH2と名付けられます。

日本人を含むモンゴロイドは、基本的にこの能力が低いといわれていて、ALDH2が生まれつき弱いか、欠けている人が多いと言われています。半数が酵素の働きにくい「低活性型」か、全く酵素が働かない「不活型」で、アセトアルデヒドを分解する能力が弱いと言えます。そのため、お酒を飲むとすぐに顔が赤くなって、二日酔いにもなりやすいのです。

このような人は、日本人では半分ほどいると言われています。ちなみに黄色人種以外の黒人や白人は、この酵素の働きが非常に活発なため、お酒が強いそうです。


二日酔いとはなに?


酒田市の不動産
はこちら