二日酔い撃退ナビ TOP → 二日酔いとはなに? 二日酔いと悪酔いは違う?

二日酔いと悪酔いは違う?

二日酔いと悪酔いとは、どのように違うのでしょうか。

二日酔いはアルコールを摂取してから、次の日まで続く不快な症状をいい、血中アルコール濃度が低くなっている時でも現れます。これは基本的に、お酒にそこまで弱くない人がなるためだと言われています。

しかし悪酔いとは、アルコールを摂取してから2時間〜6時間後ぐらいで起こる症状であり、血中アルコール濃度がまだ高い時に起こる不快な症状のことを言います。

お酒を大量に飲むと、肝臓がアルコールを処理できなくなってしまうので、吐き気、嘔吐、頭痛、胃痛などの症状が起こります。重くなると、急性アルコール中毒になってしまいます。

血中アルコール濃度が高く、分解がほとんど追い付かないために、すぐに気持ち悪くなってしまうのです。よって悪酔いが頻発する方は、お酒に弱い方であることが多いです。個人差はありますが、簡単に言えば一定量以上のアルコールを飲むと、肝臓でうまく処理をすることができなくなってしまって、有害物質が体内に残るということになります。

これがひどいと、次の日まで残って二日酔いになります。翌朝まで続くほどの深酒の場合は、アルコールによる急性胃炎や水分、ミネラルバランスの崩れなどを起こすことがあります。

悪酔いというのは大量に飲む人に多く、二日酔いはお酒に弱い人に多いと言えるでしょう。どちらにしても、アルコールの飲む量を加減して、事前に飲みすぎ用の胃薬などを飲んで予防しておくようにするといいかと思います。


二日酔いとはなに?


アトルバスタチン
アトルバスタチンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

OPP袋・CPP袋・製造販売 どんなサイズも作ります!揃います!有限会社早川製袋http://www.sideseal.jp/


http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/