二日酔い撃退ナビ TOP → 二日酔いとはなに? 頭痛・吐き気が起こるのはなんで?

頭痛・吐き気が起こるのはなんで?

飲み過ぎによる頭痛や吐き気に関する、はっきりとした原因というのは未だ解明されていませんが、アルコールが分解された第一段階の「アセトアルデヒド」の影響といわれています。

肝臓の処理機能を超えるアルコールが摂取されてしまうと、処理できないアルコールはとりあえず血液中に取り込まれ、体内を一巡りしようとします。アセトアルデヒドも同様で、アルコールから分解されたものの、次の酢酸に分解しきれないアセトアルデヒドは、アルコールと同じく体内を巡ってしまい、その時に身体に悪影響を与えるのです。その代表的な症状が、吐き気・頭痛なのです。

その他の理由もあります。アルコールというのは分子のサイズが小さいので、胃の粘膜のベールを抜けてしまうため胃に炎症を与えて、胃痛などの胃の不快感が起こります。また、アルコールの刺激によって消化をするための、胃酸の分泌を促します。

胃酸は強い酸から胃粘膜自体を守っていますが、アルコールの刺激によって胃の粘膜が弱ると、胃酸の刺激を受けやすくなります。このことによって、胃の不快症状が現れることがあります。

翌朝に吐き気があったりすることがあるのは、原因はアセトアルデヒドになります。アルコールは胃や腸から吸収されて肝臓で処理され、アセトアルデヒドに変わり、筋肉や脂肪組織に運ばれて、二酸化炭素と水に分解されます。

やがて尿となって身体の外へ出てくのですが、アルコールの量が多いと分解しきれないので、吐き気や頭痛を起こす原因となってしまうのです。


二日酔いとはなに?


【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html