二日酔い撃退ナビ TOP → 二日酔いとはなに? 飲酒量を計算してみよう

飲酒量を計算してみよう

お酒を飲む際は、血中アルコール濃度が0.15%を超えないようにすることが大切になります。

飲酒量の計算式は以下で簡単に求められます。

(15×体重×飲み始めてから翌日までの時間)÷(アルコールのエタノール度数×0・8)=飲酒量

となります。

お酒のエタノール度数の目安は以下になります。

ビール ⇒ 4.5〜6%
日本酒 ⇒ 15%〜16%
ワイン ⇒ 11%〜13%
ウイスキー ⇒ 37%〜43%
焼酎 ⇒ 20〜25%
チューハイ 3〜8%

飲んだアルコールというのは、胃と腸から吸収されて血中に入りますが、この血中の中でアルコールの濃度が高まると酔いが現れるようになります。血中アルコール濃度が高くなればなるほど、酔いは深まります。

アルコール血中濃度が0.05%を超えると酔いが回り始めるといわれています。そして、0.15%を超えるとかなり酔った状態になります。0.15%を超える量を飲むと、翌日にもお酒が残って二日酔いが起こる可能性が高いです。

0.3%〜0.4パーセントにもなると、泥酔状態といえます。まともに立つこともできなくなってきます。その上の0.4%〜0.5%ものアルコール濃度を超えると、意識がなくなるほどといえるでしょう。人によって違いはありますが、これぐらいの量を体内に入れると急性アルコール中毒になる危険もありますので、注意するようにしてください。

肝臓の代謝能力を超えて飲めば、翌朝になってもアルコールとアセトアルデヒドが体内に残りますので、それが元で二日酔いの状態になってしまいます。そのため、肝臓の処理能力を超えるほど飲み過ぎないということが、二日酔いの予防になるのです。


二日酔いとはなに?


水素水生成器
こちら