二日酔い撃退ナビ TOP → 飲みすぎで起こる病気 肝臓癌

肝臓癌

膵臓癌とは、肝臓にできる悪性腫瘍のことです。症例は原発性の肝細胞がんになります。肝硬変にかかっている方は、定期的な検査をする必要があります。

肝臓癌とは具体的には、男性に特に多いガンの一種で、男女ともにガンによる死亡の第3位を占めているガンになります。肝臓がんの90%は肝硬変からの進展によるものなので、自覚症状は肝硬変の症状と似ています。全身倦怠感、食欲不振、体重が減る、腹痛などの症状になります。

風邪のような症状になりますし、初期段階では自覚症状がほとんどなく、早期の発見は難しいとされていますので、進行した段階で気づく事が多いのが特徴です。進行すると肝腫大、腹水、黄疸、体重減少などが起こります。

さらに進めば、体重の減少か高度になり、腹部が膨隆します。がんが腹膜に転移して転移性腹膜炎を起こせば、腹壁が全体に硬くなります。

肝臓癌というのは特に、肝硬変やB型・C型肝炎が大きなリスクファクターとして知られています。中でも老人の肝臓癌は、70パーセントの症例C型肝炎に関連する抗体が見つかっています。

死亡率の高いガンなので、早期発見がカギとなります。アルコール過剰摂取による発症が主な原因となっていますので、お酒をたくさん飲む人は注意が必要です。早期発見をするためには、やはり定期的な検診が一番になります。肝硬変、B型・C型肝炎、お酒をよく飲むという方が特に注意して、定期健診を受けるようにしましょう。


飲みすぎで起こる病気


学会ポスター
学会ポスターならディプリーズ楽天市場店で!

アラバ
アラバなら医療関係者向けの製品情報サイトで!