二日酔い撃退ナビ TOP → 二日酔いの対処法 たっぷりの睡眠をとる

たっぷりの睡眠をとる

何はともあれ、睡眠は非常に大切です。睡眠不足は二日酔いに直結しますし、アルコール分解力が半減してしまいます。出来るだけ規則的な睡眠を心がけて、寝不足が続いているときは過度の飲酒は控えてください。

身体を休めてあげることによって、睡眠中にアルコールはどんどん分解されていきます。アルコールで眠くなっても、そのまま深酒をすることのないよう、体が眠いと訴えてきたらすぐに眠りましょう。

睡眠を摂っている間にも、肝臓は活発に活動をしています。そのため、お酒を飲んだ後に睡眠をたくさん摂ると、アルコールの分解を促進してくれる効果があります。飲みすぎると気分が悪くなったりして、なかなか眠れない時もあるかと思いますが、そういった場合は横になるようにしましょう。それだけでも二日酔いからの回復が早くなります。

二日酔いになってからの睡眠だけでなく、お酒を飲む前の睡眠もとても大切です。睡眠不足の状態でお酒を飲むと、アセトアルデビトへの分解能力が衰えます。その分解能力は半減するといっても過言ではありません。

そうすると二日酔いに繋がってしまいますので、睡眠不足のままお酒を飲むと二日酔いになりやすくなります。そのため、飲み会などの予定が事前に分かっている場合は、前日にきちんと睡眠を摂るようにしましょう。

突然お酒の席に招かれて事前に対策をとれなかった場合であっても、睡眠不足であるという自覚をきちんともって、アルコール量をある程度制限するなどの節度をもつようにしてください。


二日酔いの対処法