二日酔い撃退ナビ TOP → 二日酔いの対処法 大量の水を飲もう

大量の水を飲もう

二日酔いの不快感を引き起こすアセトアルデヒドという物質は、酢酸に変化して血液に乗って全身を回り、最後は炭酸ガスと水に分解されて臭いやオシッコになります。通常であれば、アルコールの利尿作用の働きで必要以上に水分を失うことになります。水分を摂らないでいると、一種の脱水症状のような状態になってしまうので、二日酔いなどになった時は水分を摂る必要があります。

お酒を飲んだ後、水分が抜けていく時、塩分やカリウム分はあまり排泄されずに体内に残りますので、喉が乾いて自然と水分が欲しくなります。お酒をたくさん飲んだのにトイレにあまり行きたくならない時は、体調があまり良くないということになりますので、気を付けるようにしましょう。

また二日酔いになると、アルコールの負荷に肝臓や胃腸が耐えきれず、嘔吐してしまうことがほとんどです。ここで、吐瀉物と同時に吐きだされてしまうのが大量の水分になります。水分が不足してしまうと、身体は脱水症状を起こして、感覚神経などが麻痺していきます。そのようにならないよう、まず大量の水を飲むようにしましょう。

水というのは体内のアルコールを中和させ、代謝を活発にさせることで悪酔いを防いでくれる効果もあります。種類の違うお酒を飲む時も、合間に水を飲むことで口の中がすっきり効果もあります。水を途中で飲むことによって、酔いを醒ましてくれると言えるでしょう。

水分は水やお茶、それからスポーツドリンクなど、身体にすぐ取り込まれるタイプのものを選びましょう。


二日酔いの対処法


錦糸町 美容室 美容院 メンズ 人気 カット ヘアカラー オススメ
株式会社TRANSACTION